フルーツトマトの育て方

水分量のコントロールが、育て方のカギ

トマトの苗

糖度の高い「フルーツトマト」を栽培するためには、当然ですが、普通のトマトと同じようにやっていては、うまくいきません。
フルーツトマトの育て方には、主に2つの考え方があります。

(1)水分量を少なくして、トマトの糖度を濃縮させる
(2)過酷な環境(塩分を含む土壌など)で栽培して、トマトが糖分を蓄える性質を活発にする

フルーツトマトとして世に出ているトマトは、全国にいくつもありますが、基本的にはこの考え方のもと、それぞれの生産者さんが独自の方法で栽培しています。

とぐちファームのトマト栽培の流れ

私たちとぐちファームの「フルーツとまと 朱雀姫」は、水耕栽培により行っています。水耕栽培は、土耕栽培に比べて水分や養分のコントロールがしやすいためです。
ここでは、当園でのフルーツトマト栽培の流れを、写真付きでご紹介しています。

1.種まき

1センチ角の、石でできたスポンジのキューブの穴に、ピンセットなどを使って一つ一つ種を落としていきます。
種を落とし終わったプレートはベッドに並べ、水をかけて芽出しをします。

2.育苗中

1.でまいた種を、育苗ベットで1か月間育てた状態です。
これぐらいの大きさで、高設のベットに移していきます(定植)。

3.管理初期

写真は、2.の苗を定植してから1か月ほど生育したトマトの木です。もうそろそろ1段目の花が咲き始めています。
ここでの作業は、木の生育がスムーズに進むようにネットへ誘引したり、余分な所に養分がいかないように脇目を切ったりすることです。これを、3段目の花が咲くまで繰り返します。

4.管理中期

写真は、殺菌、殺虫の予防、消毒を行っているところです。
病気や虫に強くなるように定期的に散布します。植物も人間と同じです。
当園では、「静電噴霧器」という機械を使っています。農薬の使用量を大幅に減らすことができ、効果も良くなります。

5.収穫、出荷

当園の一番のこだわりは、木の上でトマトを完熟させる「完熟採り」です。木の上で完熟したものほど、おいしいものはありません。
木の上で赤くなった実をハサミで1つずつ切り離し、作業用コンテナに入れる前にもう一度へたの芯を1度切ります。
収穫した実は、そのまま作業場で化粧箱に入れて出荷します。

6.掃除

3段目のトマトがあらかた収穫され、次の苗の準備ができる頃合いを見て、すべての木を入れ替えるために倒していきます。
写真は、木を誘引ネットから切り離しているところです。
この後、1度消毒をして次の苗を植え付けていきます。

以上は、フルーツトマトの育て方の、大まかな流れを示したものです。
私たちの、より詳しいこだわりの栽培方法については、「とぐちファームのこだわり」をご覧ください

お支払いについて

代金引換(ヤマト運輸)

商品到着時に配送業者に代金をお支払いください。手数料は、お買い上げ金額により異なります。

詳しくは「お支払いについて」をご覧ください。

配送について

ヤマト運輸でのお届けになります。

時間帯指定

希望のお届け日時を購入フォームにて指定していただけます。配達時間は下記の時間帯よりお選び下さい。

午前中 12時〜14時 14時〜16時
16時〜18時 18時〜20時 20時〜21時

お届け日

  • 代金引換:ご注文確定後、4営業日以内に発送予定

詳しくは「配送方法・送料について」をご覧ください。

このページの先頭へ